乳児を笑わせるコツ、について考える。

子育て

我が家に娘が生まれてから
7.5か月ほど経過しました。

・・・
私もなるべく子育てに参加したいので
おむつ替え、ご飯、お風呂など
なるべくできることはやっていますが
やはり父親というのは

・ 面白いこと

を子供から期待されることが
多いように感じます。

つまり遊び相手、としての役割を
期待されることが
多いようなのです。

・・・
とはいうものの
私も含め、
世のパパさんのほとんどが

お笑い芸人など
人を笑わせる・喜ばせる仕事を
しているわけではないです。

ですので笑わす方法
喜ばせる方法など
どうしていいのかわからず
困っている方も多いのではないでしょうか?

私自身も
正直、どうしたら
子供の笑いを取れるか
わかりませんが

自分自身の頭の整理のために
私が感じた子供を
笑わせる方法・コツについて
まとめていきたいと思います。

少しでも参考になれば幸いです。

(1)目線を乳児・幼児に合わせる

面白いことを
何かしようと思ったら
まずは目線を低くし
子供の目線に合わせるのが
良いと思います。

幼児・乳児も
こちらに注目がむけやすく
意識も集中しやすいはずです。

(2)テンションを上げる

乳児・幼児は
当然ながら話や内容などは
あまり理解できません。

ですのでテンションは
高いほうが喜ばれる気がします。

一例

(3)具体的な笑わせ方

いないいない遊び

ドアのかげから
突然登場して

パパだよー!!

と声をかけると
びくっと反応し、喜びます。

これはどの子にやっても大体受けます。


★いないいない遊び応用編★

バケツなどを頭からかぶり

ばあ

っとバケツを取って
子供の前に登場すると
笑ってくれました。

頭の上にモノを載せてポトンと落とす遊び

頭の上にハンカチやおもちゃなど
危なくないものをのせて

「こんにちわ!」

とお辞儀した瞬間に
ぽとん、とモノが落ちるのみると
赤ちゃんは爆笑してくれます。

参考
「赤ちゃんを笑わせる8つの必殺技」