骨盤低筋群と骨盤底筋体操(ケーゲル体操)について。

身体のお悩み

妊娠が進むにつれ
体重増加により
骨盤底筋は緊張し
括約筋を支える力は減少します。

くしゃみをしたり
笑ったり
咳をすると
多少の尿漏れを
起こすことがあります。

また股関節や
恥骨周辺に痛みを
生じることがあります。

本日はこれらのことについて
まとめていきます。

骨盤低筋群とは??

骨盤底筋群を
構成する筋肉は
以下のようなものがあります。

詳しく知りたい方は
検索してみると
頭説が出てくると思います。

<骨盤低筋群の筋肉>

深会陰横筋
浅会陰横筋
外肛門括約筋
外尿道括約筋
球海綿体筋
坐骨海綿体筋
恥骨直腸筋
恥骨尾骨筋
腸骨尾骨筋

支配神経:
陰部神経叢が支配。

構成:
前部・・・
坐骨海綿体筋、
球海綿体筋、
会陰横筋、
生殖隔膜があり、
骨盤底の前部になります。

後部・・・
肛門挙筋、
肛尾靭帯などがあり
骨盤底部の後部を形成します。

仙棘靭帯と一帯となっており、
深会陰横筋、
尿道括約筋、
肛門挙筋とあわせて
骨盤底筋群と呼ばれています。

<骨盤低筋群の機能や役割>
膀胱や尿道、子宮、
直腸などのお腹の臓器を
下からしっかりと支える
役割を果たします。

骨盤底筋による
骨盤内臓器の支持は、
強制呼気と腹圧の調整に
不可欠とされます。

腸骨尾骨筋と恥骨尾骨筋は
直腸下端と膣を締め付け、
直腸の下端を挙上、反転。

排便を助けます。

骨盤底筋群は尿道や膣、
肛門を引き締める役割をも
果たしています。

骨盤底筋体操(ケーゲル体操)とは??

尿漏れや下腹部への脂肪を
つきにくくするために
行われます。

*産後や妊娠中に行う場合は
医師や助産師さんなどの専門家に
相談した方が良いでしょう。
あくまでも予防目的です。

また簡単なやりかたも
ご紹介しますが
実際に行う場合は
上記のように
専門家に相談してからが
良いでしょうね。

<体操の仕方>

リラックスできる体勢で行います。

仰向け(膝は立てておく)、
椅子に座位、四つ這い、
立位、
どの体勢でもOKです。

無理のない姿勢で行いましょう。

(1)おなかの力を抜き肛門と膣を締める。
(2)閉めたままゆっくり5カウント。
(3)力を抜いてリラックス。

※繰り返し締める、ゆるめるを
数回繰り返します。
1~3の手順を1セットとし、
何度か繰り返します。

*参考「妊婦マッサージ」
医道の日本社